TOEIC基礎 400点台の勉強法

TOEIC400点前後、または中学の頃は英語が得意だったが英語から長年遠ざかっているという人、このレベルの方は中学英語の復習は必要ないと感じている人も多いと思います。

中学生の頃は英語が得意だったとしても、普段あまり英語に触れていないと結構忘れているものです。

基礎知識に曖昧な部分があると結果的に点数に結びつかないこともあるので、基礎はしっかり固めておくことをおすすめします。

方法

基礎的な部分で曖昧な箇所を探して、中学英語の文法は完璧にする。

教材

中学英語で習う文法が総復習できる問題集を1冊決めます。
高校入試対策の問題集でもOKです。

一通り解いてみて、文法であやふやだった箇所をリストアップします。
リストアップした項目に関して、参考書等を読んで確認します。

仕上げ

中学英語の文法を復習したら、公立高校の入試問題を解いてみるとよいと思います。

公立高校の入試問題(解答)は県や都等のウェブサイトで公開されていますので、「高校入試問題」で検索してみて下さい。

※私立高校の入試問題は、高校のレベルに関係なく問題が難しいことが多く、中学英語の到達度を確認するのにはあまり向いていません。

リスニング問題は省いてOKです。
時間を計ってリスニング以外の問題を解いてみましょう。

全問正解(リスニング問題を除く)で、問題文と設問の英文の中に不明な点がなければOKです。

問題文、設問の中に意味がわからない単語や英文があれば、下線を引いておき、辞書で調べましょう。

公立高校の入試問題が難なく解けるようになるまで、何度かチャレンジしてみて下さい(同じ問題ではなく、新しい問題を解いて下さい)。

その他のおすすめ記事