TOEIC初受験の人向け学習法

TOEICを初めて受験する人向けの学習方法をご紹介します。

「TOEIC初心者」の方向けの学習方法ですが、英語の基礎力はある(中学英語は理解している)ことが前提です。

初めてのTOEIC受験の対策は?でも触れましたが、最初に現在の英語力をTOEICスコアに換算し、どの問題の得点が低いのか確認してみましょう。
苦手な問題(パート)がハッキリしている場合、例えばパート7の長文だけが苦手な場合は、そのパートを重点的に学習するのがおすすめです。

特に得意な問題(全問正解できる)がないという場合は、リスニング、リーディングの全てのパートを満遍なく学習するのがおすすめです。

教材はTOEIC用の問題集などを使いましょう。英語のニュースを聞いたり、英字新聞を読んだりすることも英語力アップには役立ちますし、TOEIC対策にもなりますが、TOEICの問題形式や出題内容に沿った教材を中心に学習する方が効率的です。

おすすめ学習方法の基本は、「単語集1冊+他の1冊の教材を決めて毎日学習する」ことです。

忙しくてまとまった時間を取れない方も多いかもしれませんが、通勤時間、お昼休みなどのスキマ時間を活用して学習時間を確保しましょう。

単語集1冊

単語集は1冊決めたら他の本に浮気せずにそれだけを覚えます。1冊分を完璧に覚えるのはかなり時間がかかりますが、根気良く繰り返しましょう。

他の1冊

単語と平行して学習するその他の1冊ですが、次の順で学習することをおすすめします。

  • 文法(パート5・6)
  • まずは文法の問題に慣れましょう。
    文法は短期間で身につきやすく、文法をしっかり身に付けることで、リスニングやリーディグの問題も解きやすくなるからです。
  • リスニング(パート1~4)
  • 普段あまり英語を聞く機会がないと、TOEICのリスニング音声も速く感じられるかもしれません。TOEICのリスニングでは、パート1、2の英文は長くないので、スピードに慣れれば次第に解き易いと感じるようになります。
  • 読解(パート7)
  • 文法をしっかり身に付けて、リスニング音声のスピードに慣れてきたら、長文読解に挑戦してみましょう。長文問題を解いていて、知らない単語が多いときは、単語学習の時間を増やしましょう。

その他のおすすめ記事