TOEIC単語対策 まずは中学英語から

どこの書店でもTOEICの参考書コーナーがありますが、目標とする点数は500点以上の教材が多いですね。

TOEIC対策用の教材は、中学、高校英語はわかっているという前提で作られているからでしょう。

TOEICの点数が500点未満の方は、思い切って中学英語からやり直しましょう。

中学の頃から英語が苦手だったと自覚している人はもちろん、今さら中学英語を復習する必要はないと感じている人でも文法知識に欠けている部分があったりするものです。

自分なりに努力してもなかなかTOEICのスコアが上がらない人は、しっかりと中学英語(文法・単語)を復習しましょう。

まず、基本的な単語はしっかり身に付けることです。

例えば “left” の意味は覚えていますか?

「左、左の」ですね。

でも、他にもあります。
忘れている人は辞書で調べてみて下さいね。

リスニング問題やリーディング問題で、常に「left=左」と訳していたら、意味が全く通じない英文になってしまうこともあります。

不規則活用の一般動詞の過去形、過去分詞は中学で習いますが、確実に覚えておかないと致命的です。

「基礎固めを完璧にすること」の効果は抜群です!!
遠回りのように感じても基礎固めをすることが、スコアアップにつながります。

基本的な英単語は確実に覚えましょうね。

その他のおすすめ記事